医療行為と審美的な脱毛の違い

MENU
医療行為と審美的な脱毛の違い

医療行為と審美的な脱毛の違い

ミュゼ大宮

脱毛サロンで行なわれる光脱毛は、

医療機関が行なうレーザー脱毛と同系統の光を
使って毛根にアプローチを行なうタイプの施術です。

 

メラニンに反応する光を毛根に与え、
エネルギーを吸収させる事で、毛根の毛の生産機能を
停止させて長期間の抑毛を促しています。

 

医療用レーザーなどの大出力のものを扱うのには
医師免許が必要ですが、そのパワーは毛根そのものを
破壊してしまうほどの出力があるためにレーザー脱毛は
国内有数の効果が認められています。

 

それと比較して、人体に影響を及ぼさない範囲の出力しか
光脱毛は扱う事が出来ないため、基本的な性能では
劣っている部分があります。ですが、
出力が弱いという事は肌へのダメージも少ないという
側面も存在します。デリケートな施術を必要とする
vioラインの脱毛や、肌が弱くて医療用レーザーが
使えないケースにも対応することが可能です。

 

また、医療機関ではあくまで医学的な知識に基づいて
施術しますが、脱毛サロンなどでは美容的な観点に
基づいて脱毛を行なってくれる店も存在します。

 

もし審美的な毛の除去に興味があるのならば、
病院やクリニック等の医療機関よりサロンなどの方が
向いている場合も多いため、自身の目的にあった店舗を選ぶ事をお勧めします。